先輩社員の声

森田 健太郎<兵庫工場製造部/2014年4月入社>

普段の仕事内容について
現在、私は兵庫工場での製造作業に従事しております。具体的には、1000 Lや2000 Lの反応釜で反応や精製、ろ過機を用いて原薬の湿結晶を取り出し、さらに乾燥、粉砕を経て原薬を製造します。新しく建設されたばかりの兵庫工場では、現在姫路工場からスケールアップを行っており、原薬の製造が安全かつ効率良く行えるように製造指図書などの文書関係の作成にも携わっています。
こうした日々の仕事がジェネリック医薬品を必要とする多くの患者さんに向けて役立てられることが、私自身にとって誇りを持てる仕事となっています。
職場の雰囲気は?
工場内での現場作業では、一人での作業より、二人以上で協力しながら作業することが多いのでコミュニケーションを取りながら作業を進めていくことができます。その中で、少しでも分からないことがあればすぐに先輩が適切なアドバイスをしてくれるので、仕事を覚えやすい雰囲気です。
今後チャレンジしたいことは?
私は日々先輩方にまだまだ沢山教えていただくことが多い身ですが、得た経験や知識をこれからできる後輩に向けて良いアドバイスができる先輩になりたいと考えています。
さらに、反応釜で反応の進行状態が異常を示した時、品質に影響を及ぼした場合、原因を考察しスケールダウンさせて実験室で検討を行い問題解決していきたいです。
休日の活用方
私は昔から卓球が好きでプライベートでは卓球のクラブチームに所属し、仕事とは違った汗を流しています。また同僚と卓球の試合に出場して休日を楽しんでいます。
このページの先頭へ